業務改善により素早く手続き処理が望める人事労務管理システム

SITEMAP

!

効率よく人事や労務管理業務を処理できるシステム導入を進めよう

スマホをいじる

会社で実施している手順の中には、入社時に仕込まれて、それはそのように処理すべき仕事なのだと思い込み、他の方法を考えようとも思わないものが数多くあります。人事や労務管理に関する仕事の中には、そのようなタイプのものが少なくないでしょう。それというのも、この分野での業務は、大半の業種のビジネスにおいて、主幹となる仕事ではないためです。収益源となる仕事については、常に最新の情報を得て、競争で他社に負けないように改革・改善が求められますが、人事や労務管理に関しては、そもそも他社としのぎを削る競争をする必要さえありません。従って、改革や改善が起こりにくいのが現実でしょう。
しかし例えば、人事労務管理システムを導入して、この分野での業務を大幅に効率化できれば、本業での競争に自社が勝つためのサポートにはなります。つまりシステム導入で、そのような補助的な業務に余計な時間を割かずに済む分、本業により多くの労力と時間を振り向けられます。その分、会社の競争力を高められる可能性があるからです。
ビジネスの主幹ではない人事・労務管理業務についても、システム導入によって、ぬかりなく効率化を図ってみてはいかがでしょうか。

一元管理できる人事労務管理システムはタイミングを見て導入しよう

勤怠管理、休暇申請の処理、給与明細の発行と配布、あるいは入社・退職の際の各種手続きなど、人事や労務管理にまつわる業務は幅広く数も多いです。あまりにも多くて、人事担当者でさえ全ての手順を正確に把握することは困難と感じることもよくあるのではないでしょうか。そのような人事・労務管理業務を一元的に管理して、手順が変わるたびに他のシステムにログインしたり、会社のサーバーから書式をダウンロードしたりしなくて済む包括的なシステムがあります。そうした最先端の人事労務管理システムを導入すれば、人事スタッフはもとより、全社的にも労務管理や人事関連業務の効率化を進められて、好都合と言えるでしょう。
そのようなシステムは、最初からある程度の人数のスタッフを要する会社であれば、立ち上げ当初から導入しておく方が望ましいです。システムが最初から使えることで、人事などバックオフィススタッフの雇用を立ち上げ当初から抑制して、人件費コストを下げられるからです。次に最適な導入タイミングとしては、事業拡張時が考えられます。スタッフが増えて、人事関連の業務も増加が見込まれる状況でシステムを導入すれば、ここでもやはりバックオフィススタッフの追加雇用を避けて、コストダウンを図ることができるでしょう。

人事労務管理関係業務の負担を軽くできるシステム導入を推進しよう

管理職者や人事スタッフが仕事で疲弊する原因の一つとなっているのが、人の管理に関する業務負担の重さです。人事や労務管理に関係した業務の中には、休暇申請や勤怠管理などの事務的な業務と、面談、研修計画と実行、昇格者の選定など、人材育成に密接にかかわるものという2つの異なるタイプがあります。後者に関しては、会社の将来を担う人材を大切に育てる業務なのでしっかり取り組む必要がありますが、前者の事務仕事については、可能な限りの効率化、省エネをしたいところです。そこで、人事労務管理システムを導入して、手順の電子化を進めてみてはいかがでしょうか。
書類を使う仕事は、とかく作業量が多いことが問題です。休暇申請にせよ勤怠報告にせよ、やるべきことの本質は、書類を作ることではありません。休暇は休みを取る日を事前に上長に申請して、会社として仕事に穴をあけない体制を組むことが出来るようにするのがポイントです。また勤怠管理も、従業員の心身の健康状態の管理、業務の無駄をなくすための基礎データ収集が目的です。こうした目的に適うのであれば、わざわざ紙を使わなくても、システムを使って電子的に効率よく処理する方が賢明でしょう。
人事労務管理業務の大幅な負担減を可能にしてくれるシステム導入、是非、積極的に進めていきましょう。


【Direct HR】の労務管理システムなら社員が簡単に労務関係の手続きを行えるので時間と人件費のコスト削減につながります!またスマホでも有給申請などができるので外勤の多い方にも便利に使えますよ!

CONTENTS

UPDATE LIST

2019年05月28日
会社資源の有効活用のため人事労務管理システムを利用しようを更新しました。
2019年05月28日
人事の業務時間をより生産的に使うために人事労務管理システム導入をを更新しました。
2019年05月28日
プロセスや業務量の見直しに人事労務管理システム導入が役に立つを更新しました。
2019年05月28日
事業拡張に向けての準備として人事労務管理システムを導入しようを更新しました。
TOP